2018年2月18日日曜日

Fusion360の曲面にDynamo Studioでグリッドを作成する

Fusion360の曲面にDynamo Studioでグリッドを作成する手順を説明した動画を作成しました。

ポイントは

  • 「既定のモデリング方向」を「Z」にして作り始める
  • Dynamoで作成したsatファイルをFusion360に読み込む際は
    プロジェクトブラウザにアップロードするのではなく、
    「ファイルからデザインを新規作成」する
の2点です。



この方法を応用するとこんなものも作れます。





2018年2月7日水曜日

Fusion360モデルをRevitにインポート

Fusion360で作成したモデルをRevitにインポートしてみましょう。


Revitファミリに読み込めるファイル形式は以下の6種類です。

一方、Fusion360で作成したモデルは、データパネルの「ウェブ上の詳細を開く」をクリックしA360のページからダウンロードすれば、12種類のファイル形式から選ぶことができます。

そのため、Revit側、Fusion360側に共通しているファイル形式は
  • DWG
  • DXF
  • SAF
  • SKP
の4種類ということになります。


それでは、Revitで適当なファミリテンプレートを新規作成し、Fusion360からダウンロードした4種類のCADデータを挿入してみましょう。

SATとSKPをよく見ると、一部のサーフェスでエラーが出ています。

DWGとDXFは上手くインポートできているようです。
スケッチの線も挿入されてしまっていますが、これはモデルを選択し、「レイヤを削除」から削除することができます。

DWGとDXFなら形状を問題なくインポートできそうなことがわかりました。
次に、ファイルの大きさをみてみましょう。
このモデルでは、DWGはDXFの1/3のファイルサイズになっていました。

よって、FusionからRevitにモデルをインポートするには、DWGが良さそうだと言うことがわかりました。

線種やマテリアル、図面表現の設定などはこちらのページが参考になります。